税理士だけの税務相談

会社設立代行サービスを提供しているのは、主に司法書士、行政書士、税理士の士業に携わる人です。会社設立手続きの中には、各士業でできることとできないことが、法律で明確に定義されています。司法書士は設立手続きをすべて代行できますが、行政書士は一部のみ、税理士は手続きができないことになっています。ですが、行政書士も税理士も事務所内に司法書士がいたり、提携する司法書士がいたりするので、できない部分は連携して代行を行っていることが多いのです。

税理士税理士は、会社設立手続きができないにもかかわらず、多くの企業では、創業時に税理士へ会社設立代行の相談をしています。それはなぜか。実は、税理士だけができる、税務の視点からのアドバイスが、その後の会社経営に非常に重要だからなのです。

会社を設立すると、法人税や消費税など、それまでなかったさまざまな税金を支払う必要がでてきます。税理士は税金の知識が豊富な税務のプロ。素人にとっては、簡単に理解できない税に関する法律を熟知しています。実は、創業企業については消費税に関する優遇措置などがあり、会社の組織や決算月の設定などに気をつければ、ムダな税金を支払わずにすむのです。会社設立時、税理士のアドバイスを受けながら司法書士に書類を作ってもらうことができるのは、会社設立の代行を税理士に相談する大きなメリットなのです。

 

創業後も続くお付合い

税務的なアドバイスも期待できる税理士の会社設立代行サービスは、他の士業に依頼するより安価なことがほとんど。ときには代行費用が0円という税理士もいます。

メリットその理由は、会社設立後の顧問契約を条件としてサービスを提供しているからです。税理士の顧問契約は税務相談や経理事務代行などを、毎月定額で契約すること。内容により、月に必要な費用は異なります。帳簿をつけるだけなら、自分にもできそうだと思うかもしれませんが、企業の経理事務は特殊で煩雑。ちょっとした記載ミスが、大きな問題につながることも少なくありません。また、税金に関する優遇措置や資金繰りに関するアドバイス、資金調達についての提案も定期的にしてくれるのも顧問契約ならではのメリット。自分の会社の経営状況を数字で判断して、的確なアドバイスをしてくれます。会社を経営している以上、必ずやってくる税務調査も、信頼できる税理士がいれば、安心して対応できるでしょう。

顧問契約が条件の税理士の会社設立代行を高いとみるか、安いと見るかは、その人次第ですが、会社設立時からの「思い」も知っている税理士を長く活用していくことは、会社経営を長く続けるためにも重要なポイント。会社設立の代行を税理士へ相談するメリットを活かして、あなたの会社を上手にステップアップしていきましょう。