税理士の会社設立代行

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

あなたが会社設立を考えたとき、設立の手続きはどうしますか?

会社設立の手続は、自分でもできます。会社設立に必要なのは、会社の名前や、役員を誰にするか、事務所の住所をどこにするか、だけではありません。ですが、難しく思える定款(会社の基本的な決まりを書いた文書)作成も、インターネット上には穴埋めしていけばできあがるサービスもあるので、それを利用することもできます。会社設立時は何かとお金が必要なもの。なるべくお金をかけずに自分でやろう、と思うのも当然です。

会社設立代行サービスでも、会社を設立するとき、やらなければいけないのは会社設立手続きだけではありません。事務所探しや取引先探しなど、業務に直接関係することだけでなく、創業に必要なお金を金融機関から融資してもらえるよう、資料を作ったり交渉したりしなければなりません。そんな中で、会社設立書類を作成するのに必要と言われる10日を確保するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

多くの起業家が活用しているのが、会社設立代行サービスです。会社設立時に考えるべきことの中には、プロの視点で見れば、その後につながるさまざまな重要ポイントがあります。だからこそ、その知識を活用できる会社設立代行サービスを活用する人が多いのです。さまざまな士業の方が提供している会社設立代行サービスの中でも、税理士への相談は、その後のスムーズな会社経営にもつながるアドバイスをもらえる、メリットがあります。このサイトでは、税理士が、会社設立時に行ってくれるサービスの内容と、会社設立の代行を税理士へ相談するメリットを説明します。